場面緘黙次女ちゃん(4年生へん)19

どうもまりまりです!

続きを読んで頂いてありがとうございます!

(これは、次女が4年生の時の昔のお話になります。)

*前回のお話はこちら↓

場面緘黙次女ちゃん(4年生へん)18

第19話

つづく☆

(*マスクは省略しております。)

あとがき

お世話になった病院の心理士さんは、このクリニックと、私たちが住んでいる場所と違う地域の支援センターにお勤めとのことでした。

この方は臨床心理士さんでしたが、調べてみたら、臨床心理士さんは非常勤で働く人の割合が約半数と高く、複数の仕事を掛け持ちされていることが多いとのこと。

確かに、次女の通っている小学校のスクールカウンセラーさんも、週2回くらいだったし、保育園の時に長女の同級生だった子のママさんも臨床心理士さんで、大学の学生のカウンセリングをしていて、非常勤って言ってたな。

なるほど!

 

前回のあとがきでも書いていますが、たまたま私は支援センターでは心を開いてお話できませんでしたが、色々な支援について知ったり、まずの相談先としては支援センターに行くのが良いと思っています。

私の場合は「こんな場合もあるのかー」と参考程度に読んで頂いて、相談した時に思ったようにいかなかった場合、「あの人も同じ思いしてたな~」と、少しでも心が軽くなる人が居ればと思って描きました。

なので、相談を躊躇している方が居たら、まずは是非行ってみてくださいね…!

 

最近、長女の中学の担任の先生との初めての3者面談がありました。

まず、3者面談が初めてで、小学校との違いに慌てる母…。

環境の変化に適応してよく頑張ってるよ長女!

 

また暑くなってきましたが、皆さま体調気を付けてお過ごしください!

良い1週間を…!







同じカテゴリの記事


アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ